情報センター トップページへ 


(相談無料)


医薬品、洗剤、化粧品、タバコ等の誤飲・誤食時の対応についての相談に、電話にて応じています。


   
  


082-248-8268
0120-279-119
(フリーダイヤルは、広島県内の一般電話、携帯、PHSからのみ有効です。)

月曜日 〜 金曜日 
(祝日、お盆休み、年末年始を除く)
9:00〜17:00
 

   相談時には、

   ◆ 発生状況 (何時何分頃、何分前 等)

   ◆ 摂取された方の年齢、体重

   ◆ 摂取物の正式名称、量(何を、どれくらい)

   ◆ 現在の症状と兆候

   ◆ 摂取経路(どこから)

   ◆ お名前、お電話番号

   等々 お知らせ下さい。





中毒検索システムもご利用下さい。


小児の誤飲事故について
妊娠している方や妊娠の可能性のある方は、魚介類を摂取する時には、次のことに注意してください。
   注意事項の見直しについて 2005.8.26更新
金属製アクセサリー等に含有する鉛について (厚生労働省HPにリンク) 2006.5.11
金属製アクセサリー等には鉛が含まれている場合があります。
しかし、外見では鉛が含まれているかどうか判断できません。
鉛は、脳や神経、腎臓、血液などに強い毒性を示すため健康への影響が懸念されます。
そのため、金属製アクセサリー等を子どもがなめたり、飲み込んだりしないように気をつけましょう。
鉛含有金属製アクセサリー類等の安全対策に関する検討会報告書(厚生労働省HPにリンク) 2007.11
2006年6月以降4回にわたり、「鉛含有金属製アクセサリー類等の安全対策に関する検討会」が開かれました。
金属製アクセサリー等の誤飲による子どもの健康被害を防止するため、引き続き、誤飲防止のためパンフレット等や製品ラベルによる啓発活動を行うこと、製造・販売業者による自主的な認証基準の設定や鉛使用量の低減を推進すること、あるいは科学的な知見や誤飲事故等の情報収集を行うこと、等の的確な対応が必要であることがまとめられました。