研究を始める前に

文部科学省・厚生労働省は平成27年4月1日より、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を施行し、薬剤師が活動する分野の研究においても、投薬や検査に限らず、アンケート調査であっても、学会発表・投稿論文において倫理審査が必要なものについては倫理審査を受けることが必須の状況にあります。
また、ガイダンスでは、「研究者等は、研究の実施に先立ち、研究に関する倫理並びに当該研究の実施に必要な知識及び技術に関する教育・研修を受けなければならない。また、研修期間中も適宜継続(少なくとも年に1回程度)して、教育・研修を受けなければならない。」と定めています。
下記に倫理指針及びガイダンス等の資料を掲載いたしますので、研究に着手する前に必ずご一読下さい。

研究倫理に関する通知等の資料

人を対象とする医学系研究に関する倫理指針
倫理指針(本文)平成29年2月28日一部改正
ガイダンス(本編)平成29年5月29日一部改訂
ガイダンス(附則版)平成29年3月8日
Q&A 平成29年3月8日

個人情報保護法に関する資料

医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス
ガイダンスに関するQ&A(事例集)
厚生労働省HP(医療・介護分野における個人情報の取り扱いについて)
個人情報保護に関する薬局向けQ&A(平成29年版・日薬作成)
JPALSホームページ
CITI Japan
臨床試験のためのe-Training center
ICR臨床研究入門